公募作成とFGO息抜き(ブログ更新です)

こんにちは、柴見です。今日の暑さは格別ですね。さすがに今日はウォーキングは控えたいと思います。筋トレすべし。


 公募作のお話。

 今朝方になんとか方針が整い、作品の色ができはじめたかなといったところです。話の流れの基軸になる、登場人物たちの動き方が決まった、というのが大きいです。今まで舞台設定のみで止まっていたので、キャラに色がつき始めたので、動かしやすくなりました。

 簡単にいうと「行動理由」ですね。今回は珍しく「恋愛」となりました。こう、ボーイミーツガールが出来れば、と思って今までになかったラブコメ要素を入れて動かそうという算段です。

 好きな女の子のために頑張る男子! いざ作ってみたらこれがかなりやりやすく、今まで一体何だったんだとむなしくもありました。なかったですからねえ……恋愛要素を含んだ作品が。


 息抜きにFGO。復刻イベントも終わり、ロストベルト編第二幕にむけて動き出しましたね。ナポレオン、かなり強そうです。試しにお札で引いてみましたがヴラド3世が出てきました。ふて寝した。もうあのおじさん宝具レベル5だよ! でも一向にバーサーカーで出てこない不思議。


 プレイする上で特に支障はないのですが、自分にはへんなこだわりがあります。

 それは各サーヴァントのグラフィックの変化。

 自分はずっと最終再臨のままにせず、あえて第二段階やバトルキャラも第二段階で設定しているものがあります。

 一番特徴的なのはギルガメッシュでしょうか。※以下最終降臨イラスト垂れ流し、ご注意ください。



 最終降臨してイラストが鎧のバージョンになりました。

 それに併せて、柴見はステータスやバトルキャラも鎧バージョンにしています。


 統一感を出すためにも、という理由もありますが第三段階の鎧なしは『Fate/hollow』の最終決戦にて始めて髪を下ろしエアを抜いて戦う場面を再現したものです。あの場面が(未プレイの方は是非プレイしてください! PS版で出ています)格好良すぎたので、FGOではまた別物……という変なこだわりが生まれまして。こっちでは鎧を着て戦ってもらいたいなと思い、第二段階に設定しています。


 アイコンも紙を立てたバージョンに。カードが若干違いますが、ギルガメッシュまでくると些細なもので、強さに変化はありません。そんなこだわりがあって最終降臨じゃないサーヴァントもたくさんいます。


 スパルタクスもそうだったり。確かに鎧甲冑に鉄仮面とフル装備が、なんとも歴戦のグラディエーターといった出で立ちなのですが、スパルタクスは、可愛いんです。笑顔が。そんな笑顔が隠れてしまう仮面はなくなく取りました。まあ、可愛いんで。可愛いは正義なんだよ。



 ジャガーマンに至ってはイラストすら初期。

 いえ、姉御になったジャガーマンも素敵ですが、自分は『Fate』の中で一番好きなキャラはなんと藤ねえなのです。藤ねえ。なのでそれが顕著に表れているジャガーマンは藤ねえ要素全開の状態にしています。ちなみに次回聖杯与えるか考えてる候補者。

 バトルキャラも第二段階までならカットインにコメディパートのものが入ります。それは第三段階では見られないので、その意味も兼ねて第一段階の表示にしてます。


 そんな戯れも一興。妙なこだわりありながらも遊べるのがFGOですね。ああフェス行きたかったんですけど先行チケット外れ、金欠なので一般のも落選した時点で諦めました。是非もなし。勢いで傷心旅行なんてしたもんで、あまり遊ぶお金もないのです。鎌倉行ってきた。写真は撮ってない……。まあ、色々あったんで。


 今日は午後からも公募作に取りかかろうと思います。なんとか先が見えてきたので、行けるところまで進めておきたいものです。

 では今回はここまで。読んでいただき、ありがとうございました。


 

 

-Day Dream Overside-

創作小説サークル『Day Dream Tellers』のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000